ひと言英会話 Vol.12 sunny side up?


sunnysideup

日本の卵って、世界的にも珍しく新鮮で美味しい!と思うのは私だけでしょうか。日本人にとっては当たり前の「卵かけごはん」、海外では結構危険な食べ物です。日本は卵に限らず、食べ物全般的に賞味/消費期限が短めに設定されているので、市場に出回っている食材って基本的にとても新鮮なものが多いんですよね。

その点、海外では賞味期限がとっても長く設定されていたりします。卵なんかは、1ヶ月先までいけるの!?なんてこともありました。ただ、加熱処理必須。海外在住中は新鮮で美味しい卵かけご飯が食べたくて食べたくて仕方ありませんでした。

さて、そんな海外での卵料理といえば、やっぱり目玉焼き。何故かこれは半熟もあります。半熟の目玉焼きを英語でなんていうのでしょうか?

答えは、sunny side up

え?エッグないじゃん。と言わないでくださいね!笑 これは、黄身を太陽に見立てた英語独特の言い回しです。直訳すると、「太陽が上を向いている」。おしゃれですねえ。ファミレスのモーニングを注文するときに、ぜひ使ってみたいフレーズです。

ちなみに、他の焼き方はこんな感じで言うことができますよ♪

◎両面焼き*黄身はほぼ生の状態・・・over-easy
◎両面焼き*黄身は多少固めの状態・・・over-medium
◎両面焼き*両面を固めに、黄身もよくやけている状態・・・over-hard/hard
◎スクランブルエッグ・・・scrambled

日本では卵の焼き具合を指定することってあまりない気がしますが、海外では普通のファミレスなどでもオーダーの際にお願いすることができます。

ぜひぜひお好きな焼き加減で注文してみてくださいね!

Eigo GEEKでした icon-smile-o



スポンサーリンク

+ There are no comments

Add yours