ひと言英会話 Vol.15 食材の部位を英語で行ってみよう(ポーク編)


pork

スーパーに並んでいる食材って、同じ食材でもいろんな名称がありますよね。特にお肉類。今日は豚さんの部位を英語で言ってみましょう。イラストと合わせてご覧ください♪

【豚肉:pork】生きた豚さんはpig、食材用となったものをporkと呼びます。

◎肩・・・shoulderpicnic shoulderとも呼ばれます)
◎ロース・・・loin(サーロインは牛肉だけの名称)
◎ヒレ肉・・・tender lointender=やわらかい)
◎あばら・・・sparerib(スペアリブ)
◎もも・・・leg、hamhamのほうが脂肪が少なく、ハムになる部位)
◎バラ・・・pork belly、bacon(ベーコンになる部位)

ほほ〜ハムはもも肉(お尻に近い?)、ベーコンはお腹のお肉だったんですね。ちなみに、お好み焼きでよく使われる豚バラ肉、海外の一般的なスーパーではあまり見かけません。脂身が多いからかもしれません。そして、豚肉自体あんまり見かけないかも?ただ、ハムは量り売りをしてくれるところが多いので、サンドウィッチ用にスライスしてもらうひとがとても多いです。



スポンサーリンク

そして、COSTCO(コストコ、英語ではコスコと発音)ではない普通のスーパーでも、牛肉と鶏肉の量は半端ない!海外のスーパーと聞いてイメージする大きさ、を超えているかもしれません(笑)

ちなみに、豚の鳴き声は英語で”oink oink“(オインクオインク)。どう聞けばそうなるのか、今でもふしぎです。

 

Eigo GEEKでした icon-smile-o

+ There are no comments

Add yours