ひと言英会話 Vol.5 I WISH I COULD FLY


feather中学・高校時代に習った英語の中で、ややこしい言い回しのひとつに、wishとhopeがあります。どちらも広義では欲求・要望を表すのですが、今日はこの2つの違いについて、詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク

まずは日本語訳から。

【hope】
名詞:望み、希望、期待、有望な見込み、見込み、望みを与えるもの、希望の的
動詞:希望を抱く、望む、(・・・したいと)思う、(・・・であればよいと)思う

【wish】
名詞:願い、願望、希望、要請
動詞:思う、(…を)望む、(…が)望む、望む、したい(と思う)、ほしい、(…を)祈る

むむむ・・・。どちらも同じに見えますねえ。こんな時は、英英辞典を使うのが便利!EIGO GEEKでは、OXFORDの現代英英辞典をつかっています。

早速開いてみると・・・

【hope】to want something to happen and think that it is possible
訳:実現可能な何かについて、実現してほしい、と願うこと

【wish】to want something to happen or to be true even though it is unlikely or impossible
訳:実現不可能、もしくは見込みがないことについて、実現してほしい、と願うこと

おお!違いが出てきましたね。押さえておきたいポイントは、possible(可能)と impossible(不可能)です。hopeは、現実的に考えると実現できることです。つまり、「今週末こそ映画に行けたらいいな」「海外旅行でヨーロッパに行きたいと思うんだけどな」など、今すぐには無理でも将来的に叶う可能性があるものについて使います。

一方、wishは現実的に考えても可能性が全く無いもしくは、ほとんどないものについて使います。「飛べたらいいのに」「この物語の主人公になれたらなあ」など。

個人的には、到底ムリなんじゃないかと思うことでも、hopeを使うと可能性が高くなるような気がするので、なるべくhopeを使っています。

I hope I can be rich. I hope I can travel all around the world. I hope everything will be OK! I hope I can speak English better!

これ、全部wishを使ってもいいんでしょうが、wish を使うだけで諦めてしまっている気になりませんか?なので、ぜひhopeを使って実現したいですね!

 

EIGO GEEKでした icon-smile-o

+ There are no comments

Add yours